自律型ロボット プロロボとは

自律型ロボット プロロボを知ろう!

自律型ロボットとは?

自動お掃除ロボット

自動お掃除ロボット

自律型ロボットとは、おおまかにはコントローラーの無いロボットのことです。
日々の生活の中で一番身近な自律型ロボットは、自動お掃除ロボットです。
ご存知のように自動お掃除ロボットは、さまざまなセンサーなどで、家具などを回避しながら掃除をし、充電が切れそうになったら自動で充電をします。
このように人間は操作せず、ロボット自身が判断をして動くロボットのことを指します。
自律型ロボットは、災害現場での救助ロボットなど、今後の活躍が期待されているロボットです。

プロロボの特徴

プロロボ

制御学習プロロボUSBプラスは、自律型ロボットを学習することができるロボットです。
小学生でも簡単に組み立てができるように、ドライバー1本で組み立てができます。
また、プログラムも簡単にマウスのみで操作できるソフトウェアで作成できます。
パソコンの操作に慣れていない人でもプログラムの作成をすることが出来ます。
このような特徴をもつプロロボは、自律型ロボットを学ぶのに最適なロボットキットです。

プログラム

C言語の例

C言語の例

自律型ロボットは、予めプログラムをロボットに入れて、ロボットはそのプログラムにしたがって状況を判断して動きます。
また、パソコンやスマートフォンのアプリケーションや、ゲームなどもプログラムでできています。
プログラムを作るときは、プログラム専用の言葉(C言語)を使います。
普段人間が使うような日本語や英語は、ひとつの言葉で様々な意味を持っているので、コンピュータには理解できません。
このことより、プログラム専用の言葉(C言語)があります。プログラム専用の言葉は、図のように英語のようなものを記述します。
専門の人でないと複雑で使いこなすのはとても難しいです。

プロロボのプログラム

USBプラスエディター画面

プログラムは専用の言葉を覚える必要がありますが、プロロボはどんな人でも簡単に自律型ロボットの制御ができるように、マウスの操作でプログラムが作れます。
プロロボのプログラムは、ロボットにさせたい動作(処理)の流れを並べて矢印でつなぐとプログラムが作れます。
このようにロボットの動作(処理)の流れを並べた図をフローチャートと呼びます。